準備中の私塾

ふらりと立ち寄って何かを拾っていってもらえるように。。(一通り勉強してこられた一般の方向け)

〈義務〉〈推定〉そして〈感情〉を表す should

should と言えば、まず「~すべき」という〈義務〉の should ですが、過去形助動詞 would, might, could と共に should も〈推定〉を表すことがあります。

www.thoughtco.com

上のリンク先の記事で言っている Putative "Should' というのが「推定の should」です。が、とても為になる引用がふんだんに盛り込まれた記事なのですが、母国語を研究する人の灯台下暗し的な問題があります。引用された Oxford の定義からして、putative と言いながら〈義務 mandative〉の should の話をしています。

Also Known As: emotional should, attitudinal should, hypothetical should, subjunctive should" (上記記事より)

とあります。しかし、〈推定 putative〉の should と〈仮定 hypothetical〉の should や 〈叙想(法) subjunctive〉の should は別に扱われるべきもので、一緒にされると学習者は混乱します。同じひとつの should にいろいろ用途があるのだと説明して欲しいです。

助動詞はいずれも本動詞に話者の発話時の感じ方を添える役目をし、時制は主節や文脈に依存します(時制の一致でなければ現在時制。過去を意味するには完了形をつける)。

"Putative should is more common in British English than in American English. (上記記事より)

ともありますが、〈推定 putative〉の should は、以下のグラフを見たところでは、近年頓に、どうもアメリカのほうでより多く使われているようです。

should にイギリスのイメージがあるのは、アメリカの present subjunctive(仮定法現在)に should を使うせいでしょうか?命令や提案、主張などの内容に使う should は、これも〈推定〉ではなく〈義務〉や〈確実性〉でしょう。

グラフは上がイギリスで、下がアメリカです。

Ngram result for British English:

f:id:karlalou002:20180615134914j:plain

Ngram result for American English:

f:id:karlalou002:20180615135237j:plain

なにより学習者にとっての変わり種は〈感情〉の should だと思いますが、

よく、It is [adj.] (that) X should ~ の形で使われるものです:

"It's strange that we should be staying here."
A native speaker: This use of “should” in a noun-clause, which is usually introduced by that, is a standard use to express surprise, [dis]approval, an urgent need, justice, will, wishes, etc. (More on the original post)

しかし、これは(上記リンク先記事に挙げられた6つの例もすべて)〈推定〉ではなく〈義務〉の should です。

〈推定〉して「するかもしれない」と驚くというのは珍しい状況で、さらなる文脈が必要です。そうではなく、予期せぬ事態に「いったいどうしてそんなことをしなくちゃいけないの」と、〈義務〉表現を介した意外性の表明です。イタズラする弟に、"Why do you have to do that" と、アメリカでもイギリスでも言います。

これも、イギリスに多いのかと思えば、英米共にほとんど似たような傾向で使われているようです。

Ngram result for British English:

f:id:karlalou002:20180615104111j:plain

Ngram result for American English:

f:id:karlalou002:20180615104229j:plain

完了形は時間的様態/時制は時間的場所

英語で過去を言う基本の形は過去形です。(M. Swan, Practical English Usage, 421.4) 現在完了形は「これまでに」という時間的幅があるのと、過去のことを現在形で言う点が違います。(時制は「現在・過去・未来」以外になく、言語学では完了形は進行形とともに相という時制とは別の概念です。時制が時間的場所のことで相は時間的様態のことです。【参考】"(...) Thus tense refers to temporally when while aspect refers to temporally how." (Wikipedia | Grammatical Aspect | Modern Usage))

 

日本語でも過去のことを現在形で言う表現があります。(例)「したところです」「やってあります」「やったことがあります/(以前)しています」

 

イギリスでより頻繁に完了形を用い、アメリカ口語ではよく単純過去に略してしまいます。

 

I have just finished work

I just finished work

この場合はどちらも同じ意味になってしまいます。敢えて言えば、文体や、主観の問題で、完了形の方が”きちんと”言っているのが感じられれば良いと思います。

「時制(tense)」は文法範疇と語形、そして、それの表す観念自体、つまり現在・過去・未来のこと

辞書では、なぜかtenseは語形を言うとしか書いていない。けれども、文法の話をしていて、「時制(tense)」が語形を言うだけだと不便この上ありません。「時制」は現在・過去・未来という時の概念自体を指して使われてきていたと思いましたが…

ランダムハウスにありました。これもなぜか、学習者向けのほうには書いていないのですが、

tense 2
n.
3. the time, as past, present, or future, expressed by such a category.
4. such categories or constructions, or their meanings collectively.

(Random House Unabridged Dictionary of American English © 2017)

とあります。日本語でも、ランダムハウスさんにはあります。

tense 2

[名詞]

3〔文法〕 時制:1のような範疇によって表される時(過去,現在,未来など). cf. ASPECT 10.

(ランダムハウス英和大辞典)